『千年女優』#セッキーの映画チョイス | 叶わない恋をしている人にオススメの映画

#セッキーの映画チョイスとは?

アンケートにお答え頂き、
元映写技師のセッキーが

あなたにピッタリの作品をオススメするという企画です。

7回目はAさんから相談頂きました。
その内容です。
 ↓↓↓

Aさんからの相談

はじめまして

セッキーさんの映画チョイスに参加させてください!

 

あなたの最近の悩みは?

推しが格好良すぎて辛いうえに現代稀に見るSNSを一切しない方なので情報源が限られており情報収集が大変なこと。また彼が執筆した本が翻訳されていないことです。


今後どうなりたいですか?

現代アートやデザインに関わる仕事がしたいです。どうなりたいか推しとハグしたいですね。


あなたの人生映画ベスト3は?

1 Lord Of War 

2Naked1993

3..好きな映画は沢山ありますが人生映画ベスト3となると選択しかねますね

まず、①の悩みをお読みして、その推しの方に大変な憧れを抱いているのだなと感じました。
それは、なんというか恋愛を超えた崇拝に近いようなもので、手が届かなすぎて辛い。なので誰かをとてつもなく崇拝し、それによって以後の人生が決定的に、大きく変わってしまった人物が出てくる映画が良いと思い、この時点で僕の頭には下記の作品が浮かびました。

・『アデル、ブルーは熱い色
・『17歳の肖像
・『グランド・ブダペスト・ホテル
・『肉体の悪魔
・『溺れるナイフ
・『早春
・『ブルーベルベット
・「めまい

③の好きな映画を拝見いたしますと、芸術映画がお好きなようなので、上記のリストから『肉体の悪魔』か『アデル、ブルーは熱い色』が良いのではと思い、一時は後者で返信を考えていましたが、
ここである違和感を覚えました、それは…

「あれ?夢を叶えるという自己実現の話がアデルにあるのだろうか?」

②の夢を叶えたいという自己実現の部分がこのチョイスには欠けていました。
例えば『アデル、ブルーは熱い色』の最後が、傷心のアデルがその思いを小説に書くことで救われる的な展開になっていくのなら、胸を張ってオススメできるのですが、そうなるかもしれないという含みを持たせて終わるだけなので、なんだか違う気がしました。

この自己実現という部分でさらに悩み、次に下記作品がひらめきました。

・『監督失格
・『ベティブルー
・『ファントム・スレッド
      >>セッキーの感想

しかし上記作品も、いまいち決定打に欠けるような気がします。
誰かを崇拝している主人公が、その想いをアートや表現に昇華させることで自己実現を果たすストーリーがあればベストなのにと思い、さらに考えました、

そしてひらめいたのが
千年女優』でした!

下記がAさんにオススメした内容になります。
 ↓↓↓

セッキーの返信内容

返信遅くなりすみません。

アンケート拝読しました。

格好良すぎて辛いというのはそれはもう崇拝の域ですね。そういった憧れの存在がいることはとても良いことだと思いますが、情報が限られてなかなか実像に迫れないのはお辛いことでしょうね。しかし「近づきたくても近づけない」、「知りたくても何もしれない」この悶々としたもどかしい感情こそが、創造の源になったりするのではないでしょうか。


そこでオススメしたいのが今敏監督の『千年女優』という2002年のアニメ映画です。

話は、立花という映像会社の社長が、往年の大女優、藤原千代子のドキュメンタリーを撮影するために、彼女の自宅に行くところから話が始まります。彼女はかつて「銀映」という映画会社の看板女優だったんですが、40代で業界から突如姿を消して、以来ずっと隠遁生活をしていたんですね。彼女が取材を受けるのは30年振りです。インタビューが始まって、まず彼女は子供時代から女優になるまでを話し出します。

彼女は女学生だったころに銀映の専務にスカウトされます。「満州で撮影する映画に出てみないか」と打診されますが、親に大反対されてしまうんですね。彼女は女優に興味があったのでふてくされます。

そんなある日、彼女は外を悶々と独りで歩いていると、キャンバスを持った若い青年にぶつかられます。彼は警察に追われているようで、血を流しているんですね。うまく警察をやり過ごし、心配に思った彼女は自宅の蔵に彼を匿います。話を聞くと彼は満州で戦っている仲間のために活動をする画家で、思想犯として指名手配されていたことがわかります。「平和が訪れたら、匿ってくれたお礼に故郷の雪国に連れて行く」と言われ、二人は指切りで約束を交わします。

翌日、彼女が女学校から帰宅すると、家が警察に包囲されていました。彼が捕まってしまったと焦りますが、番頭から「彼は逃げて駅に行きました」と言われ、急いで駅に向かいます。ですが彼の姿はもうそこにはありませんでした。ひょっとしたら満州に行けば彼に会えるんじゃないかという思いで彼女は親の反対を押し切り、役者のオファーを受け、満州に向かいます。しかし勢いで来たはいいものの、住所も名前もわからないので当然彼は見つかりません。

もやもやした状態で演技もままなりませんが、彼女は役に彼への思いを込めることによって迫真の演技を見せるんですね。

その後も彼のことを想い、彼の手がかりを探しながら、様々な作品に出続ける彼女は、会いたいという気持ちを表現に昇華することで、大女優へと成長していきます。

名前も知らない男を半世紀以上に渡って想い続けた彼女は果たして彼に会うことができるのかというのが本作です。

是非見ていただければ幸いです。

夢が叶うといいですね、陰ながら応援しております。



そしてAさんからお返事頂きました。

私の拙いアンケート情報から詳しく分析してくださりありがとうございます!

千年女優、ワクワクします!!是非鑑賞させていただきます!!

ありがとうございました

みなさんにも楽しんでいただければ幸いです!!



『千年女優』作品情報

スクリーンショット 2019-03-25 11.59.14

画像はIMDbから引用

・日本公開:2002年9月14日

・制作国:日本

・監督、脚本、原案:今敏

・撮影:白井久男

・音楽:平沢進

・制作会社:マッドハウス

・配給会社:クロックワークス

『千年女優』は下の動画サイトで視聴が可能!

>>TSUTAYA TV

もしこの作品を観た人がいれば作品の感想などをコメントにいただければと思います!

それと自分もチョイスして欲しいという方がいたら、以下のアンケートにお答えいただき、コメントかツイッターにDMください!


あなたの最近の悩みは?

今後どうなりたいですか?

あなたの人生映画ベスト3は?

秘密は厳守いたしますのでご安心ください。なお返信は先着順になりますのであしからず。

ツイッターフォローもよろしくお願いします!
↓↓↓
セッキーのツイッター

各種人気動画サイト

 ↓↓↓

■U-NEXT
見逃し配信バナー

■hulu(フールー)
hulu

■dTV
パイレーツオブカリビアン

■TSUTAYA TV
TTV

■ビデオパス



■FODプレミアム
FODプレミアムロゴ

 
 




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる