【感想】『6アンダーグラウンド』ベイの愛すべきバカ映画

スクリーンショット 2019-12-24 19.30.47

・公開:20191213

・監督:マイケル・ベイ

・脚本:レット・リース、ポール・ワーニック

・出演:ライアン・レイノルズ、メラニー・ロラン、ベン・ハーディー

・制作会社:スカイダンス・プロダクションズ

・配給会社:Netflix



本作はNetflix配信作品。Netflixには『アイリッシュマン』目的で加入しましたが、先にこちらを観てしまいました。


正直、動画配信用の作品だから多少しょぼいのかなという先入観がありましたが、観てみると、これがまぁ金の掛かっていること。マイケル・ベイ節もいつも以上に炸裂していましたね。


本作は6人からなる自警団が、特殊スキルを駆使して、この世の悪を成敗するという勧善懲悪的な話。この6人はお互いを番号で呼び合っており、それぞれ持っているスキルや役割が違います。


ざっとキャラを紹介すると


ワン:発明家の大富豪

トゥー:美人CIA捜査官

スリー:美人女医

フォー:頭の悪い殺し屋

ファイブ:盗みを得意とする軽業師

シックス:不運なドライバー


スクリーンショット 2019-12-24 19.33.11

このグループのリーダーは当然ワンで、彼は発明家でもあり、その発明で財を築いた大金持ちなんですね。正義感に突き動かされたワンは自分の財力とテクノロジーを駆使し、悪に立ち向かう事を決意。このあたりはバッドマンを想像して貰えば分かりやすい。


そんなワンは特殊スキルを持った他の5人をスカウトし自警団を結成します。


また足が付かないように、メンバー全員に死を偽装させ、それぞれ戸籍上は死んだことになっているんですね。


彼らはのターゲットは、トゥルギスタンという国の独裁者。国民を圧迫する政府をクーデターを起こし転覆させ、独裁者を退治しようという計画を立てます。


なんか、ここまで聞くと中学生が考えた話っていうか、バカっぽいですよね。もちろん良い意味で)


冒頭のフィレンツェでカーレースシーンでもバカっぽさが炸裂し、『トランスフォーマー』並みの手数と情報量で観るものの理性を粉々にします。


まずカーレース中に何が起こるかを説明すると


暴走→人を轢く→爆破→血が飛び散る→暴走→目玉を掴む→爆破→ハトの糞がつく→爆走


という情報がわずか数秒間の間になだれ込みます。


スクリーンショット 2019-12-24 19.31.33

これはスタイリッシュとはいわないですね。正直ごちゃごちゃして、今どうなってるのかがわかりません。

ですが逆に何が起こるのかがわからないのが最高なんです!


何このハイテンション!?

何この爆破の量!?

何この下品さは!?

とにかくサイコーーーー!!


って感じで頭が悪くなるんです!

(もちろん褒めてます)

スクリーンショット 2019-12-24 19.32.18

スクリーンショット 2019-12-24 19.31.03


ですが、やっぱりマイケル・ベイはストーリーテリングがとても下手ですね。

回想のシーンでいきなり、人物紹介が入ったり、回想の次に回想がはいったり、なんだか飲み込みずらい。


あと、あくまで現在にフォーカスされている話なので回想のシーンはサッと流して欲しいところですが、回想でもドッカンドッカン爆破するので、話のどこに集中すればよいのかわからなくなります。


スクリーンショット 2019-12-24 19.33.26

カレーを味わいたいのに、ライスが白米じゃなく、ジャンバラヤになってる感じですかね。


また、それぞれの行動する動機というのがイマイチよくわからないし、あと、彼らは周りの関係者を無残に殺しまくるので、悪人にしか見えなくなるのも問題の一つかと。


勧善懲悪をしたいならもっと、悪役をもっと悪く描き、行動の動機をちゃんと描かないとだめですよね。


ですが、マケイル・ベイはそもそも、ウェルメイドな作品になんて興味なんかないんですよ!


「俺がやりたいのは爆破させることだぜ!!!!」


というのが見ていて痛いほど伝わってくるので、正直そんな粗はあまり気になりません。


もうアドレナリン全開のおバカアクションと爆破の連続で、中学生の夢が叶ったような、多幸感に溢れています!


まさに愛すべきバカ映画!!!


本作にはいつまでも見ていたいような中毒性がありますが、安心してください、ベイはこの作品をシリーズ化させる試みらしいです。


なんておバカなんでしょう。

(良い意味で)


とにかく最高の映画なので、是非頭が悪くなりたい時に見てください!



スクリーンショット 2019-12-24 19.33.46



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる