【あらすじ・感想・評価】『パラサイト半地下の家族』比類なき傑作

スクリーンショット 2020-01-16 13.59.51

日本公開:2020110

目次

<スタッフ>

監督:ポン・ジュノ
脚本:ポン・ジュノ、ハン・ジンウォン

音楽:チョン・ジェイル
撮影:ホン・ギョンピョ

編集:ヤン・ジンモ

<キャスト>

ソン・ガンホ
イ・ソンギュン
チョ・ヨジョン
チョ・ウシク
パク・ソダム

<あらすじ・感想・評価>

 『パラサイト』観てきました!平日の朝910分からの回だったのですが、なんと満席。客層は若い人から年配の方まで幅広い層でしたね。

本作はカンヌでパルムドールをとり、アメリカでは外国語映画の歴代興収1位を記録し、さらにアカデミー賞の作品賞にノミネートされているというともあって、映画ファン以外からも高い注目を集めているのでしょう。僕も大好きなポン・ジュノの新作ということで、物凄く楽しみにしておりました。

正直、期待値が高すぎて、その高すぎるハードルを上回ることができるか不安ではありましたが、これが期待を遥かに超える大傑作でした

それではあらすじや見どころなどを感想を交え語っていきます。


【半地下に住む家族】

 本作はまずボロボロの半地下の賃貸に住む貧しい家族が描かれます。家族構成は、学歴はないですが勉強ができる長男と、お金がなくて美大に行けない長女と、商売に失敗して失業中の父と、元ハンマー投げの選手だった母の4人家族です。全員仕事が無くて一日中家にいて、飢えに苦しんでいるんですね。これだけ苦しそうだと重たいトーンの映画だと思われますが、コメディなんですね。

スクリーンショット 2020-01-16 14.12.15

こんな辛い状況の中でも彼らは、家の中で無料のWifiを必死に探したり、路上で消毒剤が散布されていたら窓を開けてついでに家の中も消毒しようとしたり、とにかくたくましい。そして同時にこの一連のシーンが笑えるんですね。とくにこの父親の立ち居振る舞い自体が、神がかり的におかしくて、彼が映るたびに劇場から笑い声が溢れました。この父を演じるのが韓国映画でお馴染みの名優ソン・ガンホなんですが、もう彼はビル・マーレイの境地に達したのではないでしょうか。

この導入部だけで、この映画はとてつもない傑作だという確信を持ちましたね。とにかく普通の映画にはないブラックユーモアのセンスにやられました。この時点でもう100点でてます。


スクリーンショット 2020-01-16 14.02.22

【高台に立つ豪邸】

そんな貧しい一家の元に長男の友達がやってきます。彼は長男に家庭教師の仕事を持ってくるんですね。彼は留学するから自分の代わりに英語の家庭教師になって欲しいと言ってきます。なんで、長男にお願いしたかと言うと、友達は自分が教えている女の子の生徒と出来ており、他の教師が手を出さないか心配なんですね。長男だったら安心して恋人を任せられると考えたからなんです。長男としても失業中だったので、喜び勇み引き受けます。

家庭教師として、生徒の家に行ってみるとこれが、見たこともないような豪邸なんですね。家政婦から案内をうけ家に入り、奥さんに会います。奥さんは若くて綺麗ですが、どこか神経衰弱気味なんですね。まずは授業の風景を見せてもらってから、採用するかを決めたいというので、娘さんへの授業を見せます。長男はどうにか娘さんに気に入られ、奥さんへの信頼も勝ち取り、家庭教師の職にありつくことができます。

スクリーンショット 2020-01-16 14.03.38

安堵する長男ですが、帰り際、家の中でインデアンの格好をして暴れる回る小さな息子を目にします。奥さんは問題をかかえる息子の教育に悩み神経衰弱になっていたんですね。奥さんは息子に絵を習わせ集中力をつけさせたいと考えており、美術の先生を探していることを長男に告げます。すると長男は妹を美術の家庭教師に仕立て事を思いつきます。ここから貧乏一家による金持ち一家へのパラサイト(寄生)が始まります。


スクリーンショット 2020-01-16 14.04.35

 

<まとめ>

 もうこれ以上はネタバレが怖いのでいいませんが、ここからの展開がやばいです!さらにブラックユーモアは増し、ハラハラドキドキの展開があり、終盤はとてつもないカタストロフが訪れ、最後には味わったことがないような感慨で満たされます。

 ユーモアで笑わせたかと思えば、サスペンスでハラハラドキドキたのしませ、時に暗喩や象徴で考えさせ、最後には胸に刺さるメッセージがある。これが映画ですよ!

ユーモア、サスペンス、メッセージ、その全てがエンターテイメントとして高度に融合した、比類ない傑作でした。もうこれは完璧な映画です!

本作はこれまでポン・ジュノが描いてきた、家族の歪さ、日常生活の脆さ、社会構造や格差の問題、人間というものの不思議さという要素がありながら、それを極上のエンターテイメントとしてみせた、ポン・ジュノの最高傑作だと思います。

個人的には『母なる証明』からのファンですが、本当にポン・ジュノ作品を見続けてきてよかったです!だから、映画観賞はやめられない!

スクリーンショット 2020-01-16 14.02.45

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる