【藤原啓治さん追悼】 野原ひろしが活躍するおすすめのクレヨンしんちゃん映画

4月12日に声優の藤原啓治さん(ふじわら・けいじ)が癌のため55歳という若さで亡くなりました。
藤原さんといえば「クレヨンしんちゃん」の野原ひろし役ですよね。

僕も子供の時からクレヨンしんちゃんは好きで、アラサーになった今でも毎週見ていますが、
やはりひろしは藤原啓治さんの声の印象が強いです。

今回は藤原啓治さん追悼企画として、
藤原啓治さんの野原ひろしが活躍する、おすすめのクレヨンしんちゃん映画を紹介いたします

早速行きましょう!

目次

おすすめ①『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』


公開日:2001年4月21日(劇場映画シリーズ9作目)


【作品概要】
20世紀へ時間を逆戻りさせようとする“イエスタディワンスモア”という組織との戦いを描いた活劇アクション。監督・脚本は原恵一。ゲスト声優として小堺一機と関根勤が出演。

キネマ旬報創刊90周年オールタイムベスト10の日本映画アニメーション部門4位。
雑誌『映画秘宝』の2001年度の洋・邦画ベスト10においてを1位に輝いた邦画。


【注目ポイント】
 本作は「劇場版クレヨンしんちゃん」の中で突出した作品であることはもちろん、2000年代の邦画においても最重要作品なのは間違いありません。そんな本作の白眉はやはり、ひろしがこれまでの34年間の人生を振り返る約3分間の回想シーン。日本人ならどの世代であっても号泣必至のシーンなんじゃないですかね。

また回想後の、
「とおちゃんオラがわかる?」
「あぁ…」
この一言もグッとくるんですよね。この一言だけで今までの人生を受け入れ、人生を肯定できたんだなと思わせてしまいます。これは本当に凄い演技です。

 

 

おすすめ②『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』


公開日:2014年4月19日(劇場映画シリーズ22作目)


【作品概要】
ある日、ぎっくり腰を治しにマッサージに出かけたひろしが突然ロボットになって帰ってくる、ひろしは元の姿に戻ることができるのか、「父ゆれ同盟」の陰謀とは…。
監督は高橋渉、脚本は劇団☆新感線の中島かずきが務める。ゲスト声優として武井咲とコロッケが参加。第18回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門で優秀賞を受賞。


【注目ポイント】
父親として、旦那としての存在意義を問うような内容で、こちらも非常に優れた作品でした。
演技でいうとクライマックスでロボとうちゃんとひろしの決闘のシーンがあるのですが、そこで
「どうだ、しんのすけ。強いだろお前のとうちゃんは」のセリフは本当に凄い。
どうやったら、こんな哀愁溢れる声がだせるのでしょうか。

 

 

おすすめ③『暗黒タマタマ大追跡』


公開日:1997年4月19日(劇場映画シリーズ5作目)


【作品概要】
世界征服の鍵を握る不思議なタマをめぐるオカマ3兄弟とホステス軍団の争いに、野原一家は巻き込まれてしまうのだった…。監督・脚本は原恵一。本作で妹・ひまわりが劇場映画デビュー。


【注目ポイント】
本作は一本のロードムービーとして非常に完成度の高い作品。野原一家は“タマ”を飲み込んでしまったひまわりを守るため、オカマ3兄弟と一緒に逃走するのですが、ひろしとオカマたちとの絡みがとにかく最高。
あと、「あ、それ山」でひろしがターミネーター風の敵を翻弄しようとするシーンがあるのですが「囲炉裏は良い」の演技は本当に天才的

 


いかがでしたか?
振り返ってみて思いましたが、藤原啓治さんのワイルドでセクシーで、時にユーモラスでもあり、哀愁さえ漂わせるその声は唯一無二ですね。

この声が、これからも沢山の人の心に残り続けられるように、微力ながら藤原啓治さんの関わった作品を広めて行きたいと思いました。

ここまでお付き合いくださりありがとうございました。
今回紹介した作品は全てAmazonプライムで視聴可能ですので、是非チェックしてみてくださいね!

最後に、心より藤原啓治さんのご冥福をお祈りします。

 

画像出典:IMDb

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる